大人にきび(ニキビ)対策マニュアル > ニキビ対策・ケア > 洗顔とニキビ

洗顔とニキビ

ニキビが気になる人で、皮脂を落とそうと、1日に何度も石鹸で洗顔したり、クレンジングしたりする人も多いようです。
しかし、それでは洗いすぎです。
確かに、肌を清潔に保つことは、ニキビ予防にとって大切なことではあります。
ですが、いくら洗っても毛穴に詰まった皮脂はとれません。
それに、皮脂は汚れではないですし、毛穴に皮脂があるのは、口に唾液があるようなものなので、当然のことなのです。

必要以上に洗顔すると、肌が乾燥してしまいます。
そのままにしておくと、肌の角質が硬く厚くなってきて、よけいに毛穴を詰まらせる原因、ひいてはニキビができる原因になってしまいます。
予防のためと思って何度も洗顔したのに、それがニキビの原因になってしまっては本末転倒です。


おすすめの洗顔方法
は、洗ったあとにさっぱりするタイプの石鹸を使って顔を洗いましょう。
なるべく、固形の石鹸が良いようです。

は、メイクをしている場合には、まずクレンジングをしましょう。
クレンジング料は、油分の量が多すぎず少なすぎない、肌触りのソフトなクリームタイプのものが良いようです。
洗い流せるタイプを選びましょう。
オイルクレンジングは、界面活性剤(かいめんかっせいざい)がたくさん入っています。
界面活性剤とは、水と油を混ざりやすくするもので、使いすぎると肌のうるおいを奪ってしまいます。
オイルクレンジングは、強いメイクを落とすためのものなので、毎日使っていると肌を痛めてしまう場合もあるので、避けた方が良いと思います。

クレンジング後には、朝と同じ石鹸で洗顔します。
洗顔後には、清潔なタオルで、肌をこすらずに、押さえるように水分をとりましょう。

アクセスカウンター
Since 2006.6.2


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  大人にきび(ニキビ)対策マニュアル  ↑上へ戻る