大人にきび(ニキビ)対策マニュアル > ニキビ対策・ケア > 生活習慣とニキビ

生活習慣とニキビ

ニキビはスキンケア(肌のお手入れ)だけでは予防できません。
ホルモンバランスを崩さないように、規則正しい生活をおくることが大切です。

睡眠不足になると、肌の免疫力が下がり、ニキビができやすくなります。
それだけでなく、ニキビが大きくなりやすくなり、腫れやすくなってしまいます。
寝不足、寝だめをせずに、1日最低6時間は眠りましょう。
肌のためには、1日に7時間以上眠ることが理想的です。

食生活の乱れもニキビの原因になります。
暴飲暴食や、ドカ食い、不規則な食事などをするのは控えましょう。
最近では、日本人の食事も欧米化してきたので、日常的に動物性脂肪をたくさん摂るようになっています。
洋食よりも、和食、もっといえば粗食が肌のためには良いといえます。
便秘予防に食物繊維を、抗酸化力をつけるために緑黄色野菜を積極的に摂りましょう。

アクセスカウンター
Since 2006.6.2


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  大人にきび(ニキビ)対策マニュアル  ↑上へ戻る