大人にきび(ニキビ)対策マニュアル > ニキビについて > ニキビ跡の種類

ニキビ跡の種類

ニキビ跡は数種類あります。
赤みが残るタイプと、シミが残るタイプは、お手入れをすることで薄くすること、うまくいけば消すこともできるようです。
しかし、陥没が残るタイプのものは、薄くすることはできても、残念ながら消すことはできないようです。
自分のニキビ跡はどういう種類かを知ったうえで、適切なお手入れを実行しましょう。

赤みが残るタイプ
ニキビが炎症を起こして赤くなり、ニキビ自体は治っても、赤みだけが残るタイプです。
これは、一生消えないようなものではなく、2〜3年かけて消えていくようです。
ただ、赤くなっている部分は、日焼けをしてしまわないように注意しましょう。
早く消すには、ビタミンC誘導体を含む化粧品、ビタミンCのイオン導入が効果的です。

シミが残るタイプ
ニキビが炎症を起こして赤くなり、それが茶色くシミになった場合のものです。
これは、炎症性色素沈着、と呼ばれるもので、数年かけて消える場合もありますが、残る場合もあります。
日焼けをするとシミが残りやすくなるので、紫外線対策を心がけましょう。
美白化粧品も効果があるようですが、ピーリングするのが効果的のようです。
ピーリングは自宅でもできますが、専門医にやってもらったほうが効果はいくぶん高いようです。

陥没が残るタイプ
クレーターと呼ばれるものです。
これは、残念ながら、完全に治すことはできません。
ニキビの炎症が、皮膚の中のほうで、毛穴のまわりに広がるまで悪化した場合に、こうなる場合が多いようです。
毛穴そのものが破壊されてしまうために、皮膚が元通りに再生されなくなってしまうことが原因です。
炎症を強く起こしやすい人、肌が硬い人がなりやすいようです。
専門医によるピーリングで、改善が見られる場合もあるようですが、完全に元通りにもどることはありません。

アクセスカウンター
Since 2006.6.2


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  大人にきび(ニキビ)対策マニュアル  ↑上へ戻る