大人にきび(ニキビ)対策マニュアル > ニキビについて > ニキビの原因

ニキビの原因

思春期にできるニキビは、多すぎる皮脂が大きな原因の一つです。
しかし、20歳をすぎてできるニキビは、必ずしも皮脂が原因とは限りません。
大人のニキビは、肌が乾燥していたとしてもできたりします。
では、ニキビの原因は何なのでしょう?

ニキビの原因はアクネ菌?
毛穴の中でアクネ菌が繁殖することが、ニキビを悪化させる原因の一つではあります。
ですが、アクネ菌は、皮膚に常に存在している菌で、肌の表面のバランスを保ってくれているのです。
アクネ菌は、悪玉菌ではないのです。
ニキビの原因になりうるとはいえ、殺菌してしまうわけにはいかないのです。
(アクネ菌は、空気のあるところでは生きられない菌なので、毛穴の奥などにひそんでいます。)

ニキビのはじまり
実は、ニキビのできる原因は、毛穴の角質が厚くなることから始まります。
厚くなった角質が毛穴をふさいでしまい、皮脂が詰まってくると、その毛穴に詰まった皮脂を栄養に、アクネ菌が大量に繁殖します。
その結果、炎症を起こしてニキビとなり、どんどん悪化していくのです。

なぜ皮膚の角質が厚くなってしまうのでしょう。
それには、皮脂がアクネ菌に分解されてできた遊離脂肪酸や男性ホルモンなどが関係しているといわれています。

ホルモンは、皮脂の分泌や毛穴の角質が厚くなることに影響します。
免疫力は、アクネ菌の活動に影響します。
つまり、体内のバランスが乱れることがニキビの原因なのです。

ストレス、食生活の乱れ、睡眠不足、運動不足…などなど。
そんな生活の乱れが体内バランスを崩す原因になり、肌のバランスを崩す原因にもなってしまうのです。

アクセスカウンター
Since 2006.6.2


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  大人にきび(ニキビ)対策マニュアル  ↑上へ戻る