大人にきび(ニキビ)対策マニュアル > ニキビ対策・ケア > ピーリングでニキビ予防

ピーリングでニキビ予防

ピーリングとは、ピーリング剤を使って肌の余分な角質をはがすお手入れのことです。
肌の余分な角質をとると、毛穴が詰まりにくくなります。
また、ターンオーバーを高めるので、肌の新陳代謝が良くなり、シミやシワの改善にも役立ちます。

ピーリングは、美容皮膚科でも行われますが、家庭でも行うことができます。
AHAなどの専用の薬剤が配合された石鹸を使います。
ピーリング剤は、化粧水タイプのものもあるようですが、肌が赤くなったりすることもあるので、石鹸タイプのものを選びましょう。
石鹸タイプなら、落とした古い角質と一緒に洗い流せるので、刺激が少ないようです。

肌が強い人は、ニキビができやすい時期だけなら、毎日ピーリングしても良いと思います。
肌の弱い人は、週に1〜2回くらいが良いと思います。
ただし、ピーリング石鹸を使って肌が赤くなったり、ヒリヒリしたりするばあいには、すぐに中止しましょう。

ピーリングをした後は、角質が一時的に薄くなるので、肌がデリケートになっています。
ですので、使う化粧水は、敏感肌用を使いましょう。
ニキビ用の化粧水は、刺激が強いので使わないようにしましょう。
肌がデリケートになった分、紫外線の影響を受けやすくなるので、外出するときにはパウダーファンデーションで、紫外線から肌を守るように心がけましょう。

アクセスカウンター
Since 2006.6.2


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  大人にきび(ニキビ)対策マニュアル  ↑上へ戻る